教育内容紹介

福井大学病院での麻酔科管理手術症例は約2500例で、心臓手術をはじめ、肺・食道といった大手術や小児手術など様々な手術症例や虚血性心疾患などのリスクのある患者さんの麻酔管理が経験出来ます。
その結果食道エコー、肺動脈カテーテル、BISと言った中枢神経モニター、超音波ガイド下神経ブロック、超音波ガイド下CVC挿入など最先端の技術を経験でき指導を受ける事が可能です。また最新鋭のデジタル麻酔器や手術麻酔システムが導入されていますから、最先端の技術を修得することが出来ます。

もちろん、麻酔・集中治療・ペインクリニックなどの指導医・専門医の資格も取得可能であり、試験対策指導も行われます。
一般病院では忙しくてなおざりになりやすい国内外学会発表や学術研究・学位・海外留学といった点でも質の高いサポートを得る事が出来ます。